ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症事情!アスファルトで犬は熱中症に?

 

暑い夏がやってきました。暑い夏の間は、犬の散歩は何時頃に行っていますか?


夏の間は特に、犬の散歩の時間は気を付けなければなりません。

f:id:petnettyusyou:20150802214521j:plain


気を付けないでいると、散歩に行くだけで犬が熱中症になってしまう恐れがあります。

 

 

犬の散歩!夏の地面のアスファルトの温度とは?


みなさんは真夏に愛犬の散歩をする時、アスファルトの温度を気にしていますか?

 

夏場のアスファルトの温度は、50度にも達する事があります。

 

犬は人間よりもアスファルトの近くを歩くことになるので、アスファルトの熱の影響を受けやすくなります。


人間は、靴を履いて歩くので、アスファルトの温度は直に伝わってこないかもしれません。


でも、基本的に犬は靴を履いて歩きませんので、それだけでもかなり暑いはずです。

 

犬は、お散歩が大好きな子が多いですし「熱い」という言葉を発しません。

 

そのため、飼い主さんが気を付けてあげるしかありません。

 

もともと暑さに弱い生き物なので、アスファルトからの放射熱と気温の高さによって、熱を体から放出できずに熱中症になってしまうこともあるんです。

 

犬の暑い夏の散歩で気を付けるべき事とは?

 

暑い時期は散歩の時間を変えることが大切です。

 

蒸し暑い日は、特に注意が必要です。

 


日中の散歩は控え、早朝や日が沈んでから散歩に連れ出してあげるようにしましょう。

 

散歩に行く前に、実際に自分でアスファルトの温度を確かめてみることも大切です。

 

夏場のアスファルトは、やけどするほど熱くなっていることも多々あります。

 

アスファルトの放射熱の影響だけでなく、アスファルトの上を歩くだけでも肉球にやけどを負ってしまう可能性もあるんです。

 

難しいかもしれませんが、できるだけ木陰や土の上を歩かせてあげるようにしましょうね。

 

f:id:petnettyusyou:20150802214511j:plain

夏の犬の散歩!熱中症にかかりやすい犬種は?

 


特に散歩中に熱中症になりやすいのは、小型犬や鼻が短い犬種です。

 

アスファルトに体が近ければ近いほど、熱さの影響を受けますし、短鼻犬種は熱を放出することが特に苦手な犬種なのです。

 

どうしても日中しか散歩に連れ出せないという場合は、時間を短縮して熱中症にならないように注意しましょう。

 


散歩の時に首にアイスノンを巻いてあげたり、クールベストを着せてあげるのも熱中症予防になります。

 

熱中症の危険は、いたるところに存在するということを忘れずに、きちんと熱中症対策をしてあげましょうね。

 


お散歩に行く前にも行った後にも、ぐったりしていないかわんちゃんの様子もきちんと観察してあげましょう。