ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

「とくダネ」「スッキリ」で紹介された猫の熱中症対策は?

 

ペットも大切な家族の一員ですから、犬や猫の熱中症対策についてテレビでも紹介されることも多くなりましたね。

f:id:petnettyusyou:20150716123944j:plain


一昔前までは、犬などは番犬として外で飼ってる方も多い時代でした。


今では、家族同様家の中で、人間と同じように生活をしています。猫ちゃんも、家の中で自由に生活している猫ちゃんが多いですね。


テレビで紹介されているペットの熱中症対策について、解説していきます。

 

 

「とくダネ」や「スッキリ」で紹介されたペットの熱中症対策とは


朝の情報番組「とくダネ」や「スッキリ」でもペットの熱中症について、対策やグッズが紹介されていました。


その中のいくつかをこちらでも紹介したいと思います。

 


「とくだね」も「スッキリ」でもペットは人間よりも熱中症になりやすいので、対策をしっかりという内容でしたね。


ペットは大丈夫!と考えてる方も、まだいらっしゃるようなので、ペットを飼ってるすべての方にペットの熱中症にについて知って頂ければと思います。

 

f:id:petnettyusyou:20150716123950j:plain

「とくダネ」や「スッキリ」!留守中のペットの熱中症対策

 

留守中の対策としては、数か所に分けて新鮮な水をたっぷりと用意しておくということと、凍らせた保冷剤やペットボトルにタオルを巻いて置いていってあげるということでした。


お水が一か所だけだと、万が一お水が入ったお皿をひっくり返してしまう場合もあります。


そうなると、お水がまったくない状態では、夏の暑い日、猫ちゃんにとっては命取りとなってしまいます。

 

アイスパックを凍らせた上にタオルを置いて、熱いと感じれば自分で移動して乗れるようにしておいてあげるのも良いと紹介されていました。

 


また、扇風機でも他の熱中症対策グッズと併用することで体温が上がり過ぎないようにできますが、できればエアコンの冷房やドライと扇風機を併用してほしいとのことでした。


留守中は犬や猫の変化に気付いてあげられませんから、熱中症を起こさない環境作りが大切ですね。

 

「とくダネ」や「スッキリ」で紹介!ペットの熱中症対策グッズは?


他にも対策グッズが紹介されていました。

 

クレートクーリングファンというもので、電池で動く小さな扇風機のようなものです。

 

 

単一電池2個で、100時間の連続使用が可能だという事です。

 

節電を心がけて上手に使いたいですね。

 

 

クールダウン消臭アロマスプレーは、犬や猫に直接吹きかけるスプレーです。

 

 

 

 

速乾性の水分が蒸発する時に、熱を奪って体温を下げてくれるという仕組みになっています。

 

スプレーを怖がる犬や猫には気をつけて使ってあげないと、トラウマになってしまうかもしれません。

 


濡らしてから首に巻く、ひえひえネックドレッサーというのも紹介されていました。

 

ペッツルート ひえひえネックドレッサー M

ペッツルート ひえひえネックドレッサー M
価格:1,008円(税込、送料別)

 


首を冷やすことは大変効果的ですから、こういった商品を上手に活用したいですね。

 

他にもいろいろと紹介されていましたが、節電が推奨されている日本では電気を使わない対策グッズが多く発売されています。

 

f:id:petnettyusyou:20150716124033j:plain


上手に取り入れて、猫も人間も快適な夏を過ごしましょう。

 


とくダネやスッキリで紹介された、熱中症対策グッズを試してみませんか?