ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症対策!夏の犬の散歩の時間帯はいつがいいの?

 

本格的に、夏日に突入しましたね。

f:id:petnettyusyou:20150803130733j:plain


こんな日は、おうちの犬も暑い時間帯には外に出たくないときっと思ってるはずです。


夏の日の犬の散歩の時間帯について、解説していきます。

 

夏の犬の散歩時間!どの時間帯のお散歩がいいの?

 

皆さんは、夏の愛犬との散歩はどうされていますか?


日差しもきつく、アスファルトからの照り返しも強い夏は、飼い主さんも犬も散歩するだけで暑くて大変ですよね。

 

犬を熱中症から守る為にも、夏の散歩時間は早朝や涼しくなってきてからなどに変更しましょう。

 

夏の日中の散歩が犬にとって危険な理由


夏の暑い日差しが照りつける中では、アスファルトは50度もの温度になります。


人間よりもアスファルトの近くを歩くことになる犬は、気温の高い中で50度近くにもなるアスファルトからも熱を浴びてしまいます。

 

照り返しによる暑さなんていう話を聞いた事がありませんか?

 

まさに、照り返しによる暑さを犬は直に感じているのです。


この状態で散歩を続ければ、犬は暑さに弱いので体温調節ができずに熱中症になってしまう恐れがあります

 

夏の散歩時間を変えてあげるだけでも、犬にとってはかなりの熱中症対策となります。

 

どうしても日中に犬の散歩に出ないといけない場合の対策


用事などで、どうしても日中に散歩をしなければいけない場合は、できるだけ木陰や土の上を歩き、散歩の途中で水分補給もさせてあげましょう。


また、いつもよりも早めに切り上げることも大切です。


お散歩に連れていかないと、トイレをしないという犬の場合は特に困ってしまいますね。


熱中症対策として、家でもトイレが出来るようにしつけておく、


もしくは、日蔭をお散歩しつつ、水分補給をきちんとしてあげるようにしましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150803130743j:plain

夏の散歩時に役立つもの!冷凍庫に保冷剤を冷やしておくと良い理由


冷房がよく効いている部屋から、急に気温の高い中を散歩すると、余計に熱の影響を受けやすくなってしまいます。


熱中症にならないようにエアコンの使用は必要不可欠ですが、部屋が冷え過ぎて外との気温差が激しくならないように注意が必要です。

 

散歩に出るまでに冷房を切って、徐々に体を暑さに慣らすといいですね。

 


夏の散歩時間を早朝や涼しい時間に変えたとしても、犬が快適な気温よりも暑いので首に保冷剤を巻いてあげたり、クールベストを着せてあげるなどの対策もしてあげましょう。


服を着ることが平気なら、水に濡らしたTシャツなどを着せて散歩するのも効果的です。

アスファルトは飼い主さんが思っているよりも高熱です。


散歩に出かける前に、飼い主さんが実際にアスファルトを手で触って確かめてあげるなどしましょう。

 


どうしても、夏の日中に犬の散歩をしなければならない。と言う時は、出来る限り犬の体に負担をかけないように飼い主さんが工夫してあげると良いでしょう。