ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

外飼いの犬は熱中症にかかる確率は高いの?

 

近年は、犬は外ではなく、室内で飼う時代になってきました。

一昔前までは、犬は番犬としての役割でしたが、今では家族の一員です。

f:id:petnettyusyou:20150803113430j:plain


そうは言っても、家庭の事情によって犬を外で飼っている方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方々のために、外飼いの犬のための熱中症対策をご紹介します。

 

 

外飼いの犬はやっぱり熱中症になる確率が高いの?

 

家の中で熱中症対策をしてもらっている犬に比べると、どうしても外飼いの犬の方が熱中症になる確率は高いと言えます。

 

犬は暑さに弱いので、気温の高い日や蒸し暑い日は熱中症に特に注意が必要です。

 

外飼いの場合、エアコンで温度調節をしてあげられませんので、それ以外に暑さを少しでもやわらげられるような対策が必要になります。

 

外飼いの犬のための熱中症対策は?

 

外飼いの犬にとっては、今の時期はかなり過酷な環境です。

 

犬が少しでも快適に暮らせるように、飼い主さんが工夫をしてあげましょう。

 

まずは犬小屋に直射日光が当たらないように、よしずやすだれを置いて犬がいる場所が日陰になるように工夫しましょう。

 

板やビニールシートのような風が通らなくなるような囲いは、熱がこもってしまう可能性があるのでおすすめできません。

 

ケージの下にもすき間を作り、地面の熱が伝わりにくいようにします。

 

飲み水も、たっぷりと用意しておいてあげましょう。

 

水も日光が当たってしまうと冷たくなくなってしまうので、冷たい温度を保てるように置く場所などにも注意が必要です。

 

何度も水を入れ替えてあげることで、水の温度が上がるのを防ぐこともできますね。

 

デリケートな犬は、ぬるくなったお水は飲まないという子もいます。


水分が足りないと、熱中症にかかる確率が上がってしまいます。

 

f:id:petnettyusyou:20150803113441j:plain

外飼いの犬!老犬の熱中症対策は?

 

若くて元気な犬は外飼いであっても、きちんとした熱中症対策をしてあげれば暑い夏を乗り切ってくれるかもしれません。


しかし、老犬や病気の犬などはただでさえ体力が落ちてしまっています。


できれば暑い時期は、室内に入れてあげましょう。

 

人間でも暑い日、外にいるだけで体力を奪われてしまいますよね。

 

犬は、全身を毛で覆われており、汗腺が肉球にしかありません。

 

その為、人間よりも体に熱がこもりやすく、熱中症になりやすいんです。

 

大切な愛犬を熱中症から守るため、暑い時期は万全の対策をしてあげましょうね。

 


外飼いのわんちゃんのための熱中症対策、出来てますか?