ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

室内飼いの猫の熱中症対策!エアコンの上手な使用法とは

 

真夏の昼間に猫だけを留守番させる時、熱中症になってしまわないか心配ですよね。

 

出掛けている間は猫の様子がわからないので、余計に不安が募りますよね。

 

f:id:petnettyusyou:20150718230356j:plain

最近では、猫や犬などの動物も熱中症にかかるリスクがあるという事で、テレビなどでも言われているため、心配される方も多いはずです。

 

熱中症が心配な時期は、猫の為にエアコンを使用しましょう。

 

 

猫が快適に感じる温度とエアコンの設定とは?


猫が快適に感じる温度は、人間が少し暑いと感じるくらいなんだそうです。

 

猫が過ごしやすい温度は、だいたい28度~29度くらいです。

 

私たち人間が、寝る時に設定する心地よい温度は、28度から29度位なので、それ位と覚えておくと良いかもしれません。

 

エアコンを使用する時は、このくらいの設定温度にしておきましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150718230403j:plain

エアコンが苦手な猫のための熱中症対策方法とは?

 

猫によっても違いはありますが、エアコンを苦手としている猫って結構多いですよね。


それでも、エアコンをつけなければ室内温度がどんどん上がってしまうというおうちでは、冷え過ぎないように注意し、風が猫に直接当たらないような工夫をしてあげましょう。


猫の逃げ場を作ってあげておくと安心ですね。

 

エアコンの風が当たらないように、エアコンをガードするという方法もあります。


試してみると良いでしょう。

 

猫の熱中症対策!エアコンは冷房とドライとどちらがいい?

 

では猫にとって、冷房とドライのどちらが良いでしょうか。

 

電気代もできれば抑えたいですよね。

 


ドライと冷房の電気代を比較すると、ドライの方が安くなります。

 

ただし、ドライと言っても2種類あることをご存知でしょうか。

f:id:petnettyusyou:20150718230415j:plain


あまり知られていない事ですが、ドライには弱冷房除湿と再熱除湿というものがあります。

 


一般的には、弱冷房除湿のことを皆さんドライと呼ばれていると思いますが、エアコンによって備わっている機能が違いますので1度確認しておくといいですね。

 

電気代は弱冷房除湿→冷房→再熱除湿の順番に高くなります。

 

真夏のような気温の高い日は冷房がおすすめですが、梅雨時期のじめじめと蒸し暑い日はドライがおすすめです。

 


エアコンとクールマットや、凍らせたペットボトルなどを併用して快適な空間を作ってあげましょう。

 


2015年夏、猫ちゃんのためのエアコン設定は、完璧ですか?