ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬が熱中症にならないために!犬が熱中症になる温度とは?

 

犬の体温は人間よりも高く、37.5度~39度くらいが平熱です。


もともと体温が高い上に、犬は1年中毛皮をまとっています。

f:id:petnettyusyou:20150724165250j:plain


これでは犬が暑がりなのも、うなずけますよね。

犬にとって過ごしやすい温度とは、どれくらいなのでしょう。

 

 

犬にとって過ごしやすい温度は何度くらいなの?

 


犬種によって毛の多さなどが違うので、全ての犬が当てはまるわけではないですが、だいたい22度~25度くらいが快適な温度と言われています。


では、25度を超えてしまったら熱中症になってしまうのかと言うと、そうとも言い切れません。


なぜなら、犬の熱中症には湿度も関係しているからです。

 

湿度が高いと人間でも暑さがまとわりつくようで不快ですよね。

 

犬にとっても湿度の高い日は、体温を下げづらくなり体に熱がこもってしまいがちです。


犬が過ごしやすい湿度は50%ほどと言われています。

 

気温が22度を超え、湿度が60%以上になるようなら熱中症の危険性があると思っておきましょう。

 

お住まいの地域にもよりますが、毎年梅雨に入る前あたりから、犬の熱中症対策をしておくと、熱中症にかからずに済むはずです。

 

f:id:petnettyusyou:20150724165334j:plain

犬の熱中症!もっとも注意が必要な犬とは?

 


22度というと人間では過ごしやすいか少し肌寒いと感じるくらいの気温ですが、犬にとっては暑いと感じる温度です。

 

犬の熱中症は夏だけでなく、春や秋にも発症する危険性があるんです。

 


特に老犬や子犬、病気の犬にとっては少しの温度や湿度の違いでも体への影響は大きくなってしまいます。

 

動物病院などへ行くと、温度や湿度が徹底して管理されてるのをご存じでしょうか?

 

犬にとって、快適な環境を作ってるからなのです。

犬の熱中症!犬との外出で気を付けるべき事とは?

 

犬とお散歩をしたり、車で外出したりする時にも、熱中症の注意が必要になってきます。

 

f:id:petnettyusyou:20150724165346j:plain

アスファルトや車内の温度も、人間よりも影響を受けやすいので、春だから秋だからと油断するのは禁物です。

 


外の温度が22度以下でも、部屋の中の温度は直射日光を受けて高くなっている可能性もあります。

 


犬を残して外出する場合は、部屋の中の温度と湿度が高くならないように気をつけてあげましょう。

 

夏本番、犬の熱中症対策は大丈夫ですか?