ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の夏のお留守番!犬が留守番時に熱中症になってしまうことも?

 

犬を留守番させる時、様子を見ていられないので不安になることありますよね。

 

f:id:petnettyusyou:20150725155309j:plain

残念なことに、実際に留守番中の犬が熱中症になってしまう例がたくさんあります。

 

 

留守番中の犬が熱中症にかかってしまう場合とは?

 

犬は平熱が高く全身を毛に覆われているため、寒さには強いものの暑さにはとっても弱い生き物です。

 

体温調節も苦手なので、人間よりもずっと熱中症になりやすいとも言えます。

 


窓を開けて風が通り抜けるようにできれば良いですが、防犯上の理由などで閉め切った状態で留守番させなければいけないことも多いですよね。

 

でも、閉め切った室内は、思っている以上に気温が高くなります。

 

朝は涼しかったとしても、日中はどんどん気温が上昇してしまう場合も多々あります。

 

最近は気密性の高い家が多く、そうなると犬にとっては地獄となってしまいます。

 


犬だけで留守番させる場合は、必ず熱中症対策をしてから出掛けましょう。

 

犬のお留守番!室内の温度を保つためにできる事とは?

 


室内の温度を一定に保つためには、やっぱりエアコンがかかせません。

 

犬は湿度が高くても熱中症になる危険性が高まるので、ドライ機能を使うのもおすすめです。

 

犬が快適に感じる温度は22度から25度くらいですが、電気代もかかりますし設定温度は少し高めにして扇風機やクールマットなどを併用してあげると良いでしょう。

 

エアコンを弱めに付けて、扇風機やシーリングファンなどで部屋の空気を循環させてあげるだけで、かなり犬にとって快適な環境になります。

f:id:petnettyusyou:20150725155355j:plain

犬の熱中症対策で欠かせない事!たっぷりのお水の用意が必要

 

犬は、脱水症状によっても熱中症を発症します

 

脱水症状を起こさないように、水をたっぷり用意しておくことも大切です。

 

また、誰かが訪ねて来た時や、車が通った音に反応して異常に興奮してしまう犬は、興奮により体温を上昇させてしまいます。

 


外の暑さや熱気だけでなく、自分で興奮して熱中症になる可能性もあるので、落ち着いて留守番できるようにきちんとしつけておくことも大切です。

 

もう大人になってるし、しつけなんて無理…だなんて言うことはありません。


大人になったワンちゃんでも、しつける事はできます。


犬の健康を守れるのは、飼い主さんだけだということを忘れないでください。

 

おうちのわんちゃんの熱中症対策、2015年夏は準備できていますか?