ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症の応急処置編!犬の熱中症にスポーツドリンクは有効?

 

犬がもしも熱中症になってしまったら、慌ててしまいますよね?


でも、犬の熱中症に関する知識をきちんと持っていれば、そこまで慌てる必要はありません。

f:id:petnettyusyou:20150726195245j:plain


犬が熱中症にかかってしまった時に、するべき事がわかるためです。

 

 

犬が熱中症にかかってしまったらまずする事とは?

 

犬が熱中症になったら、まずは体を冷やしてあげることが一番大切です。

 

保冷剤を脇の下や太ももの間にはさみましょう。

 

太い血管を冷やすことで、体中に冷えた血液を行きわたらせることができます。

 

また、犬に濡れタオルをかけて、扇風機をあてるのも効果的です。


とにかく、まずは冷やしてあげることが大事ですが、急に水をかけたりして冷やすと、犬がショック状態に陥ることもあるので、じょじょに冷やしてあげる事が大切です。

 

熱中症の犬への応急処置!犬を冷やした後にするべき事とは?

 

熱中症になった犬は、脱水状態に陥ることがあります。


犬が水を欲しがり、自分で飲めそうな場合はスポーツドリンクを与えるのが有効です。


緊急の場合は人間用のスポーツドリンクでかまいません。


人間用のスポーツドリンクは、甘味料が多く含まれていますので2倍程度に水で薄めてから飲ませてあげましょう。

 

普通の水を大量に与えると、体内の水分バランスが崩れてしまうこともあるので、熱中症のような緊急の場合はスポーツドリンクを与えましょう。

 


最近ではペット用のスポーツドリンクも販売されていますね。
ペットボトルに入っていて保存もきくので、もしもの場合に準備しておくのも良いですね。

 

 

f:id:petnettyusyou:20150726195258j:plain

自宅で手作り!犬の熱中症対策用スポーツドリンクの作り方

 

犬用のスポーツドリンクは簡単に手作りすることもできます。


水500mlに、大さじ1のハチミツと小さじ1の塩を入れて混ぜるだけです。


冷蔵庫で2,3日は保存がききます。


与え過ぎには注意が必要ですが、普段から水分摂取が少ない犬は手作りスポーツドリンクを飲ませてあげても良いですね。

 

犬の熱中症は初期症状の段階で、適切な応急処置をすれば元通り元気になってくれますが、応急処置をしなければ時間の経過とともに症状も重くなり、死亡してしまう場合もあります。

 


普段から愛犬の様子を観察して、夏場は特に注意してあげて下さいね。

 

おうちのワンちゃんが熱中症にかかってしまった場合、応急処置はできますか?