ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬は熱中症で後遺症になるの?犬の熱中症の後遺症は?

 

犬の熱中症は、飼い主さんが注意をしてあげることで防げる病気です。

f:id:petnettyusyou:20150803125813j:plain


そうは言っても、いくら気を付けていても熱中症にかかってしまう場合も充分有りえます。


万が一、犬が熱中症にかかってしまった場合は、後遺症などもあるのでしょうか?

 

 

犬の熱中症の症状はどんな感じなの?


犬の熱中症は、軽度のものなら元気に回復してくれる可能性は高いのですが、最悪の場合は命を奪ってしまうほど怖いものでもあります。

 

熱中症は、気温の暑い中で長時間過ごすことによって、体内の熱を発散できずに体温が上がってしまい、それによって生じる症状のことを言います。

 

初期症状ではハアハアと苦しそうな呼吸をし、よだれを大量にたらすようになります。

 

この状態で適切な処置をしてあげれば、ほとんどの犬が回復してくれるでしょう。

 

さらに症状が進んでしまうと、脱水症状を起こし酸素がうまく体内に運ばれなくなってしまいます。

 

酸欠状態になってしまうと、犬の脳や臓器はかなりのダメージを受けてしまうことになります。

 

犬の熱中症の後遺症ではどんな症状が出るの?

 

犬の熱中症は、重度になると後遺症を伴う場合も出てきます。

 

懸命な処置によって命は取り留めたとしても、脳に後遺症が残る可能性が高くなってしまうのです。

 

脳障害だけでなく、熱中症の後遺症として腎不全や心不全になってしまう場合もあります。

 

あなたの大切な愛犬をツライ目に合わせない為にも、熱中症は死にいたる可能性があること、重大な後遺症が残ってしまう可能性があることを忘れないで下さいね。

 

熱中症にならない為にも、日頃から熱中症対策と愛犬の健康管理をしっかりしておきましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150803125839j:plain

飼い犬に熱中症の症状が出てきた場合するべき事とは?

 

もし飼い犬に熱中症の症状がでてきたら、すぐに体温を下げることが大切です。


涼しい場所へ移動させて、脇や足の間に保冷剤をはさみ、濡れたタオルをかけて扇風機を当てて気化熱を利用して体温を下げましょう。

 

熱中症の犬は体温が40度以上になっている場合が多いので、39度になるまで冷やし続けることが大切です。

 

体温を下げる処置をしながら、すぐに獣医師に連絡を取り病院へ連れて行ってあげて下さいね。

 

軽い熱中症の場合でも、何かしら体に後遺症が出てしまう場合もあります。

 

すぐに元気を回復したとしても、大事を取って獣医さんにみて貰うようにしましょう。