ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【犬が熱中症にかかってしまった場合】犬の熱中症の治療方法は?

 

これだけ暑い日が続くと、気をつけていても犬が熱中症になってしまうことがあります。

f:id:petnettyusyou:20150726194643j:plain


犬が熱中症になってしまったら、かかりつけの獣医師に連絡を取り指示を仰ぎましょう。


犬が熱中症かな?と思った時にまずするべき事は、獣医さんに相談することだと思っておくと間違いありません。

 

 

犬が熱中症の治療方法!病院に連れて行く前に自宅でする事

 

点滴など病院でしかできない治療もありますが、まず犬にしてあげられることは体を冷やしてあげることです。

 

涼しい場所へ連れて行き、アイスノンを脇や太ももの間にはさみ、体に濡れタオルをかけて扇風機をあてます。

 

犬の平熱は38度前後ですが、熱中症になってしまった犬の体温は40度にも達してしまいます。

 


ひどい場合は41度や42度まで上がってしまい、最悪の場合は命を落としてしまう可能性もあります。

 

ですので、病院へ行く間もできるだけ犬の体を冷やし続け、スポーツドリンクを2倍程に薄めたものを少しずつ与えましょう。

 

犬が熱中症に!病院での治療方法とは?

 


病院では犬の体温が39度くらいに下がるまで引き続き冷やし続けながら、点滴や注射などの適切な治療を行います。

 

さらに内臓へのダメージを知る為に、血液検査を実施します。

 

この結果により、さらに適切な治療を行うことになります。

 

最悪の場合、脳へのダメージが起きている場合もありますので、とにかく早くに気づき、獣医さんの指示をあおぐ事が一番大切な事なのです。

 

f:id:petnettyusyou:20150726194652j:plain

熱中症の治療は初期なほど良い理由とは?

 

熱中症は初期症状で適切な治療を施していれば、回復する見込みが大きいですが、意識を失っているような場合やけいれんを起こしている場合は、治療しても助からない可能性があります。

 

特に症状がひどく多臓器不全を起こしているような場合には、治療方法すらありません。

 

人間同様、多臓器不全を起こしてしまったら、もう助かる見込みがないという事なのです。

 


犬は言葉を話すことができませんので、飼い主が犬の変化に気付いてあげることが大切です。


ちょっと今日はいつもと違うな。ぐったりしてるな。と感じたら、犬の様子をなるべく気に掛けるようにします。


また、軽い熱中症だろうと素人判断はせず、かかりつけの獣医に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

 

あなたの犬は、熱中症にかからないようにきちんと見ててあげていますか?