ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【犬の熱中症の症状】犬が熱中症になるとどんな症状なの?

 

ペットである犬も、人間同様熱中症にかかります。

f:id:petnettyusyou:20150712224232j:plain


犬が熱中症にかかってしまうと、どんな症状が起こしてしまうのでしょうか?

 

 

犬の熱中症の症状!犬が熱中症にかかるとどうなるの?

 

犬が熱中症にかかってしまうと、まず最初に体温が上昇します。

 

体温が上昇することにより、熱中症にかかると言うのが正解でしょう。

 

体の中の体温を、外に逃がすことがなかなか難しい犬は、実は人間よりも熱中症にかかりやすかったりします。

 

そして、呼吸が浅くて早くなってきます。

 

ハアハアと言う緩やかな呼吸から、かなり早いハアハアハアハア…という呼吸になってくるのです。

 

お散歩などで、走り回った時もこのような呼吸が出ることもありますが、走り回った後もやはり、体の中に熱がこもり、熱を外に出すためにハアハアと呼吸をしているのです。

 

f:id:petnettyusyou:20150712224240j:plain


よだれを垂らすようになると、かなり熱が高くなってるはずです。

 

犬がそのような症状を発症したら、まず熱を測ってみてください。

 

犬の発熱!犬の体温の測り方は?

 

犬の体温の測り方は、人間と異なり、肛門に体温計を入れて体温をはかります。

 


動物病院に連れて行った際に、体温を測って貰いますよね?

 

犬用体温計を肛門に入れて、熱を測ってるはずです。

 

肛門に体温計を入れる勇気が無い…


と言う場合には、犬のおでこを触ってみてください。

 

犬も、熱が上がるとおでこが熱くなります。

 

f:id:petnettyusyou:20150712224246j:plain


普段から、犬と接触していないとわからないかもしれませんので、普段からおでこを触る癖を付けておくとよいでしょう。

 

犬の発熱!そもそも犬の平熱ってどれ位あるの?

 

犬の平熱は、人間と異なり、38.5度程となっています。

 

人間よりかなり熱が高いという事になりますね。

 

熱が出ると、39度、39.5度と熱が高くなり、40度を超えてしまうと、人間も危険なように、犬も危険な状態になります。

 

早めに熱を下げてあげなければなりません。

 

熱に気づいたら、すぐに獣医さんに連れていけるように、かかりつけの獣医さんを見つけておくとよいでしょう。

 

熱中症が悪化すると、熱が出てハアハアと息が荒くなるだけでは済まなくなります。

 

嘔吐が始まり、下痢をしたりもします。

 

f:id:petnettyusyou:20150712224253j:plain


更に進行すると、けいれんが始まり、脱水症状が起こったりと、命に危険も及んできます。

 

早急に、犬に水をかけて体を冷やし、動物病院まで連れて行くようにしましょう。

 

 

大事なペットである犬ちゃんのかかりつけの動物病院は、近所にありますか?