ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症はどこで起こる?犬は室内でも熱中症になるの?

 

熱中症と言うと、真夏の暑い日に外で運動をしていたりしてなってしまうイメージがありませんか。

f:id:petnettyusyou:20150725154950j:plain


犬も炎天下の中、散歩へ連れ出したりすると熱中症になる危険性が高まりますよね。


そこは気を付けている飼い主さんが多いと思います。


ですが、見落としがちなのが室内での熱中症です。

 

 

室内での犬の熱中症!犬は部屋の中にいても熱中症にかかるの?

 


人が一緒に過ごしている室内では、犬の変化にもいち早く気付いてあげられると思います。

が、犬を置いて外出する時は注意が必要です。

 f:id:petnettyusyou:20150725154957j:plain

犬を留守番させる時、防犯上の理由から窓を閉め切って外出する方も多いと思います。

 

閉め切った室内は、空気が循環せずに気温がどんどん上昇してしまうことも珍しくありません。

 

 


犬が自由に部屋を出入りできない場合は、暑さから逃げられずに室内でも熱中症になってしまいます。

 


外の温度がそんなに高くないからと安心してはいけません。

 

 

人間よりも犬は暑さに弱く、熱中症にかかりやすいためです。

 

要注意!閉め切った室内で犬を留守番させる場合

 


閉め切った室内で犬を留守番させる場合は、やはり熱中症予防をしておくことが大切です。

 

冷房やドライをつけて、室内の温度が高くなり過ぎないように注意しましょう。

 

とはいえ、電気代もタダではありませんよね。

 


タイマー設定を使ったり、扇風機を使って冷房効率を上げて暑い時期を乗り越えましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150725155011j:plain

ゲージでお留守番の犬の熱中症対策とは?

 


ケージで留守番している犬なら、凍らせたペットボトルにタオルを巻いて置いておいたり、クールマットなどを使いましょう。

 


犬は冷たい水を飲んで体内を冷やすこともしますので、留守番の時はたっぷりと新鮮な水を置いておきましょう。

 

犬は、ちょっと前足でひっかけてお水をこぼしてしまうという事もあります。

 

夏場のお留守番の時には、お水はいくつかに分けて置いておくなど、工夫が必要になってきます。


また、古くなったお水は犬は嗅覚が働き、飲んではいけないものだと判断する場合もあるようです。


必ず、いつも新鮮なお水が飲めるように、お水を取り替えておいてあげるとよいでしょう

 


室内でも熱中症になるということを忘れずに、きちんと熱中症対策をしてあげて下さいね。

 

室内の犬の熱中症対策していますか?