ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

夏用犬の靴!犬の熱中症対策の散歩用靴とは?

 

夏が到来し、毎日「暑い」という言葉を一度は発してしまってる、そんな日々ですよね。


真夏のアスファルトの温度は50度にも達することがあります。

f:id:petnettyusyou:20150803171506j:plain


2015年夏、今年の夏のアスファルトは60度を超える場合も多々あるとか。


犬は、暑かったとしても、暑いといえません。


飼い主さんが、犬のことをきちんと理解してあげる必要があるのが日本の夏なのです。

 

日本の夏に適した犬用の靴があるとか?


そんな犬用靴をご紹介します。

 

 

夏のアスファルトの熱さは犬にとってはかなり過酷

 

人間は靴を履いているので、アスファルトの熱さを直接感じることはありませんが、犬にとってはやけどを負ってしまうような熱さです。


小さい頃に、アスファルトの上に寝っ転がったらものすごく熱かったという経験をされた事はありませんか?


もしくは、熱いアスファルトの上で目玉焼きが作れるか、本気で試した事があるという方も少なからずいるはずです。

 

こんなに熱いアスファルトの上を歩いていると、犬も熱中症になる危険性があります。

 

犬用の靴って?犬の熱中症対策靴

 

できれば夏の散歩は早朝や日が沈んだ頃に行くのがいいんですが、家庭の都合などでどうしても暑い時間に行かないといけない日もありますよね。

 

体は熱中症対策の服を着せてあげればいいですが、肉球アスファルトの熱から守るためには散歩用靴を履かせるしかありません。

 

ただ、靴と言ってもデザイン重視のものが多く、犬も慣れていないので急に靴を履かせても上手に歩けないことも多くあります。

 

また、歩いている内に脱げてしまうということもありますね。

 

なので、散歩用靴選びは慎重に行わないといけません。

 

犬の熱中症対策!お勧めの靴ご紹介

 

私のおすすめは、PAWZという靴です。

 

この靴は底がなくて、マジックテープで止めたりすることがありません。

 

ファッション性重視ではなく、犬の肉球を保護することを1番の目的に作られているので安心して履かせてあげられます。

 

また、アスファルトの熱による熱中症を防ぐだけでなく、老犬で脚を引きずってしまうような場合は爪が削れて出血することも防げます。

 

 


犬の熱中症対策として靴を履かせることに賛否両論あると思いますが、犬の肉球は本来とても丈夫なものです。

 

人間が素足でとても歩けないような場所でも、怪我もせず上手に歩いていきます。

 

けれど、熱にも強いと言う訳ではありません。

 

どうしても日中にしか散歩できない日は、できるだけ陰や土の部分を選んで歩いたりすることが大切ですが、熱いアスファルトに触れてしまうこともあるでしょう。

 

熱中症ややけどの危険があるなら、飼い主がきちんと散歩用靴を選んで履かせてあげることも必要なのではないでしょうか。

 


犬を守れるのは、飼い主さんだけだという事を忘れないでください。

 

可愛いわんちゃんが、夏の散歩を快適に出来ますように。