ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症対策!エアコンの温度設定は何度に設定するべき?

 

暑い日が続くと、人間だけではなく実は犬も参ってしまうという事をご存じでしょうか?

夏はだるくなったり、食欲が無くなったり、夏バテの症状を発症する事が多いですよえ?

f:id:petnettyusyou:20150803163744j:plain

人間同様、犬も夏バテになったりします。


犬が夏バテ、熱中症にならないために、犬にとって快適な環境を作ってあげることをお勧めします。

 

 

犬が快適に過ごせる温度は何度位なの?

 


犬が快適に過ごせる温度は22度くらいだと言われています。

 

夏の暑い日にエアコンを使用していないと、暑さに弱い犬は熱中症になる危険性が高まってしまいます。


犬種にもよりますが、大抵の犬は分厚い毛皮を着ていますよね?


人間よりも、快適に過ごせる温度は低くないとおかしな話です。

 

犬が快適に過ごせる環境!エアコンの設定温度は?

 

では、エアコンの設定温度はどのくらいが適切なんでしょうか。

 

犬が熱中症になるのには、温度だけではなく湿度も大きく関係しています。


ジメジメと蒸し暑い日の方が、熱中症に注意が必要となります。

 

エアコンの設定温度は、各家の住環境にもよりますが25度から28度くらいに設定し、湿度を50%ほどにしてあげると良いでしょう。

 

エアコンの設定温度が28度でも、扇風機を回して風を循環させたり熱中症対策グッズを併用することで、熱中症から愛犬を守ることができます。

 

湿度も大敵になってくるため、蒸し暑い日は冷房よりもドライを使う方が効果的かもしれませんね

 

夏の犬の快適環境!エアコン以外の工夫とは?

 

自由に家の中を動き回れる犬であれば、クールマットなどを置いといてあげると暑くなると上に乗り、冷えてくると他の場所へ移動するなど自分である程度は体温調節をします。


しかし、普段はケージの中で留守番している犬は自分で移動ができませんので、設定温度を少し低めにしておいてあげても良いでしょう。

 

また、ケージを置いている場所に直射日光が当たらないようにしてあげましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150803163756j:plain

熱中症は最悪の場合、死に至ることもあります。

 

節電を意識しながら、エアコンの設定温度が犬にとって快適なものかをもう1度考えてみましょう。

 

部屋の中でも、いる場所によって温度が違うこともあるので、扇風機を使って部屋全体に涼しい空気が行きわたるようにするなど、上手に工夫をして下さいね。

 


犬も、自分にとって快適に過ごせる環境を好みます。

 

わんちゃんが快適に過ごせる環境作りは出来ていますか?