ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症対策!室内温度の管理はどうしたらいいの?

 

犬が熱中症にかからないためにも、室内の温度管理が必要になってきます。

 

f:id:petnettyusyou:20150803130221j:plain

犬が快適に感じる温度はどのくらいかをご存知ですか?

 

 

犬が快適に感じる温度は何度位なの?

 

犬種にもよりますが、犬が1番快適に過ごせる温度は22度くらいだと言われています。


犬と猫では、実は快適に感じる温度は異なってきます。


猫の場合は、28度位が快適な温度なのです。

 

犬が熱中症にならないための室内温度設定とは?

 

では、犬を熱中症から守るには、室内温度は何度くらいに設定すれば良いでしょうか。


1番快適な22度に冷房の温度を設定すると、人間には寒くてたまらないとなってしまう可能性があるでしょう。

 

最近の夏は、35度を超える日も少なくありません。

 

室内温度を22度にしようと思うと、電気代もかなりかかってしまいますよね。

 

冷房やドライの設定温度は28度くらいにして、扇風機やクールマットなどの熱中症対策グッズを併用して熱中症から守ってあげましょう。

 

犬の熱中症対策をする場合の室内温度管理注意事項

 

設定温度と実際の室内温度は違うことが多いので、温度計などを置いて室内温度が28度以上にならないようにしましょう。

 

室内温度が上がり過ぎてしまうと、室内でも熱中症になる可能性は充分にあるので、エアコンと扇風機などを上手に利用することが大切です。

 

h3>犬の熱中症対策における湿度の重要性

 


犬の熱中症対策で、もう一つ忘れてはいけないのが湿度です。

 

湿度が高すぎると室内温度がそれほど高くなくても、熱中症になる危険性があります。

 

犬にとっての快適な湿度は40%から60%ほどです。

f:id:petnettyusyou:20150803130246j:plain


室内温度とともに、湿度の管理をしてあげることも大切です。

 

各ご家庭の住環境にもよりますが、夏場はエアコン無しで室内温度を一定に保つことは難しいはずです。


扇風機や保冷剤、クールマットなどを活用して、犬が暑い夏を快適に過ごせるように工夫してあげて下さいね。


節電や電気代のことも考えながら、人も犬も熱中症にならないように夏を乗り切りましょう。

 

夏本番、ワンちゃんの熱中症対策の温度管理は完璧ですか?