ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の飼い主さん必見!犬が熱中症になってしまった場合の応急処置は?

 

人間だけでなく、犬や猫も熱中症になるんです。


犬は体温調節が苦手なので、暑さに弱く熱中症になってしまう可能性も高いと言えます。

f:id:petnettyusyou:20150727123500j:plain


特に高齢の犬や、病気の犬、肥満気味の犬などは熱中症になりやすいので注意が必要です。

 

 

犬の熱中症の応急処置はどうしたらいいの?

 

もし、あなたの愛犬が熱中症になってしまったら、適切な応急処置を行うことで愛犬を救うことができるかもしれません。


「うちの子は室内にいるから大丈夫」と過信は禁物です。


室内でも、熱中症にかかってしまう犬はかなり多いのが現実なのです。

 

 

www.petnettyusyou.net

 

 


まずは愛犬の体を冷やしてあげることが1番大切です。

 


愛犬の体を効果的に冷やすには、涼しい場所へ連れて行き、脇や太ももの間にアイスノンをはさみます。


そのままはさむのではなく、タオルにくるんでからはさんであげて下さいね。


こうすることで体中をめぐる血液を冷やして、全身に送り届けることができます。

 

とにかく冷やすこと!犬の熱中症の応急処置

 

犬の熱中症は、とにかく犬の体を冷やすことが重要になってきます。


さらに気化熱を利用して体温をさげましょう。

 

愛犬の体に水を霧吹きなどで吹きかけるか、濡れタオルをかけて扇風機やドライヤーの冷風を当てます。


よく水につけるだとか、氷水を犬にかけると書いてあるサイトもありますが、急激に冷やしてしまうと血管が収縮してしまい却って危険な状態になることもあるので、絶対にやめましょう。

 

ショック症状で死亡する可能性もあります。

 

熱中症にかかった犬の体温はどこまで上がるの?

 

熱中症になった犬は体温が40度以上になることも珍しくありません。


41度、42度まで上がってしまうと、かなり体の機能に支障が出てしまう場合が多くなります。

 

体温が39度で落ち着いてくるまで冷やし続けることが大切です。

 


体を冷やしながら犬が水分を摂れるようなら、水分を与え脱水状態から少しでも回復できるようにしましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150719201712j:plain

熱中症の犬に与える水分は何がいいの?

 

熱中症の犬には、人間用のスポーツドリンクを2倍に薄めたものを与えると良いとされています。


もちろん、犬用のスポーツドリンクの方が良いのですが、すぐに手に入るものでもありません。


応急処置として、与えるという事を覚えておくと良いでしょう。


1度に大量の水を与えると、体内の水分バランスが壊れてしまう場合があるので、スポーツドリンクが手元にない時は少しずつ水を与えて上げましょう。

 

 

www.petnettyusyou.net

 


応急処置をしながら、かかりつけの獣医師に連絡を取り指示を仰ぎましょう。

 

愛犬を熱中症から救うために、慌てず適切な応急処置ができるようにしましょう。

 


何事もそうですが、知識があるのとないのでは、イザという時の行動がまったく違ってきます。

 

何も知らないと、ただオロオロしてしまうばかりになってしまいますよね?

 

 

うちの子は大丈夫。だと過信せずに、万が一のために犬の熱中症の知識を得ておきませんか?