ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症対策】猫が熱中症にならない室内温度は?

 

まず、猫の体温がどのくらいなのかを、ご存じでしょうか?


猫の体温は38度~39度が平熱と言われています。

 

f:f:id:petnettyusyou:20150718162334j:plain

比較的暑さに強いイメージがある猫ですが、体温は人間よりも高いので熱中症になってしまう可能性も多いにあります。

 

 

猫の熱中症!室内にいる猫が熱中症になってしまう理由とは?


熱中症は決して屋外だけで起こるわけではありません。

 

室内でも熱中症で死に至るケースは多々ありますが、どのくらいの室温だと熱中症になりやすいのでしょうか?

 

室内温度が30度を超え、湿度が高い日は要注意です。

 

温度だけでなく湿度も関係してきますが、室内温度が30度を超えるような日は熱中症になりやすいと言えます。

 


室内温度は28度くらい、湿度は60%くらいまでを目安にしましょう。

 


高温多湿の日本の夏は、この事からも特に注意が必要だということが分かるでしょう。

 

 

f:f:id:petnettyusyou:20150718162343j:plain

猫の熱中症!温度と湿度と風の循環に注意

 

 

また密閉された室内では、風が通らずに空気が循環しない為、どんどん温度が上昇してしまうことがあります。

 


そうなると、猫は逃げ場がなくなってしまい、熱気がこもった部屋で暑さに耐えなければなりません。

 


猫が快適に感じる温度は28度くらいだと言われています。

 

猫は、暑いと感じても、自分でエアコンのスイッチを押すことはできません。


室内の中で、涼しい場所を見つけようとしても、密閉された室内で涼しい場所を見つけられない場合も多々あるでしょう。

 


室内でも気温が上昇するような日は、冷房やドライをつけて室内温度が30度以上にならないように気をつけてあげましょう。

 

f:f:id:petnettyusyou:20150718162350j:plain

 

猫の熱中症対策グッズ!上手に猫の体温を低くする方法

 


設定温度が高めでも、扇風機やクールマットなどの対策グッズを上手に活用することで、熱中症は防ぐことができます。

 


今では、多くの猫の熱中症用対策グッズが出回っています。

 

楽天市場などでも、気軽に購入することができます。

 


脱水症状を起こさないためにも、たっぷりと水を置いておきましょう。

 


留守番中は猫の状態を確認することができません。

 

 

f:f:id:petnettyusyou:20150718162406j:plain


帰ってきたら熱中症でぐったりしていた、なんてことにならない為にも熱中症対策は念入りに行いましょう。

 


2015年夏、猫ちゃんの熱中症対策グッズは準備していますか?