ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症】熱中症で死に至る場合とは?

 

気温が高くなってくると、猫の熱中症の発生率も高まってきます。


熱中症になると、人間同様猫が死亡してしまうケースも充分有りえます。

f:id:petnettyusyou:20150713173503j:plain


猫が死亡してしまう熱中症とは、どのようなものなのかを解説していきます。

 

 

【猫の熱中症】猫の熱中症で死に至る場合とは?


猫の熱中症の症状には軽度なものから、重度なものまでありますが、体温が43度以上になると死亡する確率がかなり高くなります。


初期の熱中症の場合は、体を冷やしたり、水分を与えることで回復する場合が多いです。

が、重度の熱中症の場合は痙攣を起こしたり、意識を失ったりする場合も出てきます。


さらに症状が進むと死にいたることもあります。


脱水症状になると、血中の水分が減り、全身に血を送ることができずに多臓器不全になり死亡してしまうのです。

 

犬ほどではありませんが、猫が熱中症で死亡するケースもあるので注意が必要です。

f:id:petnettyusyou:20150713173514j:plain

猫の熱中症!実は室内での発生が多い理由とは?


あまり知られていない事実ですが、熱中症の約7割が室内で発生しています。


長時間、密閉された室内では空気も循環されず、気温も上昇していきます。

 

その室内で日中の間中留守番している猫にとっては、過酷な環境なのです。

 

熱中症は発症してから時間が経てば経つほど、症状が重くなり死の危険も大きくなります。

 

長時間、留守番をさせる時は冷房などを上手に利用して、部屋の温度が上がり過ぎないように注意しましょう。

 

また、脱水症状を起こさないためにも、飲み水はたっぷりと用意して行きましょう。


水がまだ残ってるからと言って、入れ替えをしないのも問題です。

 

猫ちゃんは、綺麗な新しい水を好みます。

 

猫の熱中症!屋外で死に至る場合とは?


猫の熱中症で、屋外で死に至る場合は、外で放し飼いにされてる猫というよりも、車の中でお留守番をさせてる猫に多いのが特徴です。


車内での留守番も絶対にやめましょう。

 

車内の温度はエンジンを切ると、すぐに50度くらいに達します。

 

買い物から帰ると、もわーっと車の中から生暖かい空気が出てくるという経験はありませんか?

 

少しの時間でも熱、中症になってしまう可能性が充分にあります。

 

f:id:petnettyusyou:20150713173524j:plain


飼い主が「うちの子は熱中症かもしれない」と気付いた時には、症状が重くなっているケースが多々あります。

 

梅雨の時期でも湿度が高く、蒸し暑い日は熱中症を発症する確率も上がってきます。

 

大切な家族の一員である猫ちゃんを熱中症で死亡させないように、日頃から猫の体調に気を配り、熱中症予防をしっかりとしておきましょう。

 

愛猫の健康管理は、充分ですか?