ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症とは?】猫も熱中症にかかるの?

 

人間だけでなく、犬や猫も熱中症に注意が必要なのをご存知でしょうか。

f:id:petnettyusyou:20150713155000j:plain


熱中症は人間だけのものだと思いきや、実は犬や猫、ウサギなど室内で飼われている動物にも有りえるお話なのです。

 

 

猫の熱中症!猫が熱中症にかかってしまう理由とは?


猫の体温は平均38度~39度と言われています。


人間よりも平熱が高く、それに加えて毛皮を着ているので、暑さには特に注意しないといけません。


犬より猫の方が、熱中症にかかりにくいとは言いますが、そうは言っても、人間より体温が高いという事は、イコール暑さを感じやすいという事にも繋がってきます。


熱中症とは、気温の高い環境に長い時間いることで、体内の熱を外に逃がすことができなくなり、機能不全に陥る状態のことです。

 

f:id:petnettyusyou:20150713155009j:plain

猫の熱中症と車の中の置き去りが危険な理由とは?

 

熱中症になりやすい主な原因は、閉め切られた室内や車中でのお留守番です。


ちょっと買い物するだけだから…と、車の中に猫を置きざりにし、買い物に出かけたりしていませんか?

 


猛暑の日などは、あっという間に車の中の温度が上がり、かなり危険な状態になってしまいます。

 


車の中に置き去りにした子供の死亡事故などが、よくニュースにあがりますが、動物の熱中症による死亡事故も実はかなり切実なのです。

 

猫の熱中症熱中症にかかりやすい猫とは?

 

また、子猫や年老いた猫も体温調節がうまくできないことが多くなり、熱中症にかかりやすいと言えます。


他にも太った猫、鼻がつぶれている種類の猫は要注意とされています。


鼻がつぶれている種類は、鼻腔がせまく熱を発散しにくいためです。


閉め切られた室内や車中では、涼しい所への逃げ場がなくなってしまうので、命に係わる症状に陥ってしまうことも少なくありません。


短時間だからと油断せずに、冷房を入れるなどの対策をきちんと行うことが大切になってきます。

 

f:id:petnettyusyou:20150713155025j:plain

猫の熱中症熱中症の症状はどんな症状が出るの?

 

熱中症の症状で一般的なものは、「ぐったりしている」「呼吸が荒くなる」「よだれが出る」「ふらふらしている」「下痢や嘔吐」などが挙げられます。


症状が更に進行してくると、痙攣などを起こしたりする場合もあります。


熱中症とは体内に熱がこもっている状態になる事なので、もしも熱中症の症状がでている場合は応急処置として体温を下げてあげましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150713155044j:plain

涼しい場所へ連れて行き、脇の下にアイスノンを当てたり扇風機で風を当て、水分を取らせるようにしましょう。


その間に獣医師に連絡し、どうすれば良いかをきき、症状が落ち着いたら病院へ連れていくことをおすすめします。

 

高温多湿になる日本の夏、特に梅雨の時期からは人間だけでなく動物たちにとってもかなり過ごしにくい環境になります。


愛猫との楽しい生活を送れるように、日頃から健康状態に気を配り、熱中症にならない環境を作ってあげましょう。

 

愛猫ちゃんの様子を、毎日チェックしていますか?