ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症と直射日光の関係】猫に直射日光はNGなの?

 

人間同様、猫にとっても暑い夏は熱中症の危険度が上がります。

 

室内でも直射日光が差し込んでいる家は要注意です。

 

f:id:petnettyusyou:20150718234400j:plain

直射日光が差し込んでいると、思っているよりも温度が上がります。

 

また、室内だけでなく車内でもエアコンをつけていたとしても、猫のいる座席に直射日光が当たらないように注意が必要です。

 

 

猫が直射日光で熱中症にかかりやすい理由とは?

 

人間でも、日陰とひなたでは暑さが全然違うと感じますよね。

 

日傘を差しているだけでも、暑さがやわらぎます。

 

ですから、室内では直射日光が当たらないように、遮光カーテンをつけたり窓の外によしずやグリーンカーテンを設置しましょう。

 

人間の場合は、暑いと感じたらエアコンのスイッチを押し、自分で暑さ対策をすることができます。


また、暑い場所から動くこともできますよね?

 

でも、猫ちゃんは締め切られた空間にいたら、暑い場所から避難することもできません。


もちろん、特殊な猫ちゃんを除いては、エアコンのスイッチを押すことも出来ません。

 

猫の熱中症対策には直射日光を遮ることが有効?


猫の熱中症対策として、直射日光を遮ることで、室内の温度はずいぶん違ってきます。

 

猫が家の中を自由に歩き回れる状態ならば、自分で涼しいところを見つけだしますが、そうでない場合は直射日光が差し込まないようにしておきましょう。

 

朝は大丈夫でも、日中は直射日光がガンガン当たる部屋もあるはずです。


車での移動の際も同じです。

 

f:id:petnettyusyou:20150718234420j:plain

車版!直射日光を遮る方法とは?

 

車内でどうしても、猫を連れて移動しないといけない場合もあるかと思います。


そんな時に、少しでも直射日光を遮ることができる対策をしておく事で、熱中症にかかる確率を下げることができます。

 


猫がいる座席に、直射日光が差し込まないようにフィルムを貼ることで、多少車内の温度を低くすることができます。

 

後部座席などはエアコンの風も届きにくく、案外と暑いことがあります。


さらに直射日光が差し込んでいる状態であれば、猫にとっては危険な環境と言えます。

 

 

f:id:petnettyusyou:20150718234429j:plain

猫の熱中症対策で大事なこと!直射日光が当たらない環境を作るためにする事

 


真夏の直射日光は、人が痛いと感じるほど強いものです。


猫が熱中症にならない為には、直射日光が当たるのを避けて涼しい環境を作ってあげることが大切です。

 

窓の近くにいることが多い猫は、さらに注意が必要です。

 


カーテンやブラインドだけでなく、よしずやグリーンカーテンを組み合わせて使うと、より効果的でしょう。

 


おうちの猫ちゃんの性格に合わせて、熱中症対策はされていますか?