ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症対処方法】猫の熱中症にはスポーツドリンクがいいの?

 

もしも、おうちの猫ちゃんが熱中症にかかってしまったら、どうしたら良いでしょうか?

f:id:petnettyusyou:20150714181037j:plain


いざと言う時のために、猫の熱中症にかかった場合の対処方法を知っておくことで、迅速に対応することができます。


おうちで出来る熱中症の応急処置方法をご紹介します。

 

 

猫の熱中症!軽度の熱中症時の自宅でできる対処方法とは?

 

猫が熱中症になってしまったら、重度の場合はすぐに病院へ連れて行かないといけません。

が!軽度の場合は応急処置として、体を冷やし水分補給をさせることで対処出来る場合もあります。

 

猫が熱中症になっているということは、脱水症状が起きていると考えられます。

 

f:id:petnettyusyou:20150714181047j:plain


その時には水を飲ませるよりも、スポーツドリンクを飲ませてあげる方が効果的です。

 

ただし、人間が飲むスポーツドリンクは、猫にとっては栄養分が濃い飲み物だということを覚えておいて下さい。

 


脱水症状を回復させる為の応急手段だと思っておいて下さいね。

 

その為、人間用のスポーツドリンクはそのまま与えるのではなく、2倍程度に薄めてから飲ませてあげましょう。

 

猫の熱中症!猫の熱中症ポカリスエットが良い理由とは?


水分が失われた状態の猫にとっては、点滴ほどの効果があるとも言われています。

 

人間用のスポーツドリンクを与えるのが、どうしても不安という方は、ペット専用のペットスエットというサポート飲料がおすすめです。

 

 

 

猫が熱中症で脱水状態になってしまった場合、水だけでなく電解質を一緒に与えることが大切です。


水と電解質を含んだ飲み物が、体に素早く吸収されることが重要となってきます。

 

これらの条件を満たしているのが、スポーツドリンクという事になります。

 


ちなみにこのスポーツドリンクは手作りできるので、分量を覚えておくといいでしょう。


ポカリスエットを与えても、あまり症状の改善がみられない場合には、速やかに病院に連れて行きましょう。


早めに獣医さんの指示をあおぐのも、重要になってきます。


あくまでも、軽度の熱中症の場合の対処方法の一つとして、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。


症状が落ち着いたからと言って、安心せずに、応急処置が済んだら病院に連れていきましょう。

f:id:petnettyusyou:20150714181058j:plain

猫の熱中症対策!猫用手作りポカリスエットの分量とは

 

水:1リットル(ミネラルウォーターや1度沸騰させた水)
砂糖:40グラム
塩:3グラム

 


水に前述の分量の砂糖と塩を加えるだけで、簡単に猫用のスポーツドリンクを作ることができます。

 

猫の体にスムーズに吸収される飲み物なので、いざという時に活用して下さい。

 


万が一のために、夏は猫用ポカリスエットを何本か揃えておくのも良いですね?