ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症】猫の熱中症の予防法とは?

 

人間同様、猫も熱中症にかからないために、対策や予防法についてご紹介します。


猫が熱中症にかかるなんて…とか、うちの子は室内で飼ってるから大丈夫よ。という考えが、大事な家族である猫ちゃんを熱中症にかからせてしまうことにも繋がります。

f:id:petnettyusyou:20150713160551j:plain


熱中症は、予防さえきちんとしていれば、防ぐことができるものです。


あなたの愛猫をツライ目に合わさない為にも、万全の予防を心がけて下さいね。

 

 

猫の熱中症の予防!猫が室内でお留守番する時の予防法

 

夏に、猫をケージに入れてお留守番させる場合は、熱中症を予防する為に冷房をつけておく必要があります。


猫が快適に感じる温度は、28度くらいだと一般的に言われています。


28度か29度にエアコンを温度設定し、扇風機で空気が循環するようにしてあげましょう。


天井に、シーリングファンを取り付けて空気を循環させるという方法も良いでしょう。

 

 

猫が脱水状態にならないように、飲み水もこぼれない工夫をして置いておくと良いでしょう。

 

夏に、猫ちゃんが自由に飲める水は、かなり重要になってきます。


水分不足で熱中症にかかってしまうことが多々あるためです。


猫が部屋で自由な状態なら、扇風機で空気を循環させ、クールマットなどを置いておくとよいでしょう。

 

猫は賢いので、家の中で涼しい場所を自分で探して移動します。


クールマットなどがあれば、「ここにいれば涼しいんだ」という事が分かるため、熱中症対策にかなり有効でしょう。

 

 


飲み水もいつでも飲めるように、たっぷりと用意しておいてあげましょう。

 


日頃から猫の被毛のブラッシングをして、余分な毛は取り除いておいてあげることも大切です。

 

ブラッシングをしながら、猫とスキンシップを図ることで、猫ちゃんの状態を把握しておく事も可能になります。

f:id:petnettyusyou:20150713160616j:plain

猫の熱中症の予防!外出先での猫の熱中症の予防方とは?

 

暑い日中は、できるだけ外出させるのを控えましょう。


夏の暑い日は、人間も外出を控えるように促されたりしますよね?


それと同時に、動物は人間よりも直接暑さを感じてしまうので、予定が無い限り暑い日の日中の外出は避けてあげるべきでしょう。


キャリーケースに入れて外出する場合は、直射日光に当たらないように注意します。


通気を良くして、アイスノンを入れておくか、クールマットを敷いてあげましょう。

 

車中では、車中の温度が上がらないように注意しましょう。

 

f:id:petnettyusyou:20150713160703j:plain

濡れたタオルで体を拭いてあげたり、脱水状態にならないようこまめに飲み水を与えるようにします。


想像以上に、猫ちゃんは暑い日に喉が渇きます。

 

ちょこちょこと、お水を飲んでる猫ちゃんの姿を見かけませんか?

 

少しの時間でも車内の温度は一気に上昇します。

 

絶対に、猫だけを車中に置いていくことのないように注意しましょう。


万が一の事があってからでは、取り返しがつきません。

 


しっかりと予防することで、愛猫に快適な夏を過ごしてもらいましょう。