ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症】猫の熱中症の後遺症とは?

 

高温多湿の日本の気候は、熱中症を引き起こす可能性が高い環境といえます。


え?湿度も関係あるの?と思われる方が多いかもしれませんが、実は湿度は、熱中症が発生する要因の一つなのです。

f:id:petnettyusyou:20150718161539j:plain


そして、人間よりも犬や猫の方が、体温調節が苦手で熱を上手に発散させることができません。


その為、熱中症になってしまうかわいそうな犬や猫が毎年あとを絶ちません。

 

もし、あなたの猫が熱中症になってしまったら、どんな後遺症があるのかをご存知ですか。

 

猫の熱中症熱中症にかかった後の後遺症とは?


熱中症は早期に発見し、適切な治療を行えば元気になる可能性が高いと言えます。

 

しかし、発見が遅れてしまい体温が40度以上になってしまったら、後遺症が残る危険性が高くなってしまいます。

 

最悪の場合は悲しいことに死亡してしまう事も有りえます。

 

人間の場合もそうですが、熱中症になってしまってからの時間が長ければ長いほど、体の消耗が激しくなります。

 

f:id:petnettyusyou:20150718161551j:plain

猫ちゃんの場合も、人間となんら変わりありません。

 

熱中症が悪化してしまうと、重度の脱水症状により循環器障害や、急性腎不全を引き起こします。

 

また、血液の凝固異常や脳に障害が残る場合もあります。

 

なぜ熱中症により、このような後遺症が残るのでしょうか。

 

猫の熱中症熱中症の後遺症が残る理由とは?

 

猫の体温が上昇し脱水状態になると、猫の血管は収縮します。

 

血管が収縮されると、全身に必要な血液が送られません。

 

血液が送られないことで、脳や臓器がダメージを受けてしまうんです。

 

さらに筋肉が痙攣を起こし始めます。

 

するとさらに体温が上昇してしまいます。

 

f:id:petnettyusyou:20150718161557j:plain

体温が上昇しすぎると体内のタンパク質が変質し、その変質してしまった細胞が壊死してしまうのです。

 

 

そこから流れ出したタンパク質が、腎臓に溜まり急性腎不全やなどの障害を引き起こしてしまいます。

 

熱中症のせいで、内臓がダメージを受けてしまい正常に働くことができず、多臓器不全で死亡することも少なくありません。

 

命が助かったとしても、後遺症に悩まされることになってしまいます。

 

猫が熱中症を発症し後遺症が残ってしまわないために

 

人間の場合は、ニュースになりますが、猫などの動物の場合はあまりニュースになる事がありません。


そのため、うちの子は大丈夫だわ。と言う事になってしまう方が多いようです。

 

f:id:petnettyusyou:20150718161607j:plain


熱中症は飼い主さんが予防することで、防ぐことができます。

 

万が一、熱中症を発症してしまったとしても、適切な応急処置をする事で、熱中症の後遺症を残さないで済むことも多々あります。

 

 

www.petnettyusyou.net

 

 

しっかりと熱中症対策をして、家族の一員である猫を守ってあげましょうね。

 


おうちの猫ちゃんの熱中症対策は、万全ですか?