ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫が熱中症にかかってしまった方必見】猫の熱中症の応急処置方法

 

色々と対策をしていても、猫が熱中症にかかってしまうという場合もあります。


そんな時のために、対処方法を知っているだけで、いざという時に慌てずに済むはずです。

f:id:petnettyusyou:20150715163311j:plain


猫が熱中症になった場合の応急処置について、ご説明します。

 

 

猫の熱中症!万が一猫が熱中症にかかってしまった場合は?

 

熱中症とは、気温や湿度の上昇により、猫の体内に熱がこもってしまい熱の発散がうまくできない為に、引き起こされる症状のことを言います。

 

なんとなく元気がない、食欲がないという軽度のものから下痢や嘔吐、痙攣などの重度なものまであります。

 

まず、第一にする応急処置は、体の熱を下げるということです。

 

 

涼しい場所へ移動し、体に濡れたタオルをかけて扇風機や冷風のドライヤーで風を当てます。

 

アイスノンを首や脇などの、太い血管が通っている箇所に当てるのも効果的です。

 

猫の体温は38度~39度が平熱です。

 

体温が39度くらいになるまで冷やしてあげましょう。

 

体温が39度くらいで落ち着きだしたら、冷やすのは中止します。

 

体温が低下し過ぎるのを防ぐ為です。

 

f:id:petnettyusyou:20150715163323j:plain

猫の熱中症!猫の体を冷やすのと同時にすることとは?


猫に意識があり、水が飲めるようであれば水を与えます。


この時にもしスポーツドリンクがあれば、2倍に薄めて与えるのも効果的です。

 

ペット専用のスポーツドリンクもありますので、常備しておいてもいいですね。

 

 


軽度の熱中症であれば、体温が上がらないように気をつけて、水分補給をしてあげれば症状は落ち着いてくるはずです。

 


重度の場合は応急処置をしながら、獣医師に連絡を取りすぐに動物病院へ行けるようにしましょう。

 

 

猫の熱中症!軽度な熱中症でも病院に連れて行く必要がある理由

 

軽度な熱中症にかかり、回復したと思っても、素人にはわからないダメージが出てる場合もあります。

 

f:id:petnettyusyou:20150715163333j:plain


軽度の場合でも見た目にはわからない、内臓にダメージがあるかもしれませんので、獣医師に従って病院へ連れて行くことをおすすめします。


熱中症は放っておくと命を落としてしまいますが、適切な応急処置を早い段階でしてあげれば、回復する可能性は高くなります。

 

飼い主さんが冷静に対応してあげましょうね。

 

 

猫が熱中症にかかってしまった場合の対策は、大丈夫ですか?