ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

猫の熱中症対策!気密性の高い住宅の場合はどうすれば良いの?

 

最近のマンションなどの集合住宅では、気密性の高い住宅が増えています。

 

f:id:petnettyusyou:20150718235101j:plain

気密性とはどういうことなのか、ご存知でしょうか?

 

 

猫の熱中症と住宅の気密性との関係とは?

 

簡単に説明すると気密性が高いというのは、すき間がなく空気を密閉することができるということです。

 

気密性が高い住宅は、室内の熱がこもりやすいという特徴があります。

 


冬は暖かく感じるので良いのですが、夏場は熱気がこもりやすく外へ逃げにくいという状態になってしまいます。

 


室内でも熱中症が起こるのは、熱気が室内にこもってしまい空気が循環しないからなんです。

 

動物である猫や犬にとって、気密性の高い住宅というのは、あまり良い環境ではないという事がお分かりいただけましたでしょうか?

 

 

f:id:petnettyusyou:20150718235122j:plain

気密性の高い住宅での猫の熱中症対策とは?


では、気密性が高い住宅で猫を飼っている場合、熱中症対策はどうすれば良いでしょうか?

 

気密性の高い住宅では特に、室内温度が上がってしまうと、下がりにくいという特徴があるので、できるだけ室内温度を上げない工夫が必要です。

 


窓を開けて風を通し空気を循環させることと、直射日光が差し込まないように遮光カーテンやよしずでガードすることが大切です。

 

 

熱中症対策には水分補給も大切ですから、新鮮な水をたっぷりと用意してあげることも重要になってきます。


とにかく、室内の温度をあげない工夫をすることで、気密性の高い住宅に住んでいたとしても、猫ちゃんは快適に暮らすことができます。

 

 

気密性の高い住宅で猫を置いて外出する場合は?


猫を置いて外出する場合、防犯上や猫が逃げてしまうかもしれないという理由から、窓を閉めなければいけないという家も多いと思います。

 

f:id:petnettyusyou:20150718235137j:plain

 

その時はエアコンで室内の温度を調節するのが一番です。

 


窓を閉め切った室内では熱がこもってしまい、猫が熱中症になる危険性が増します。

 


また、夜の就寝時にも熱中症になる可能性が充分にあります。

 


窓を閉め切って就寝する場合は、タイマー設定などを活用して下さい。

 


猫もあなたも熱中症にならない為には、適度なエアコンの利用が不可欠です。

 

 

猫ちゃんの温度管理、きちんと出来ていますか?