ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症対策】留守番中の猫の熱中症とは?

 

猫を飼っていると、猫を残してお出かけする時に、色々と心配になったりしませんか?


特に、寒い冬の日や暑い夏の日などは、温度の事など寒すぎないか、暑すぎないか、と気になります。

f:id:petnettyusyou:20150714171508j:plain


夏は、人間同様猫も熱中症にかかります。


お留守番をしてる猫が熱中症にかかるのは、どんな場合でしょうか?

 

 

【猫の熱中症】お留守番中の猫の熱中症とは?


留守番中の猫が、熱中症にならないか心配ですよね。

 

ずっとそばで見ていられないので、暑い時期はどうしても不安になります。

 

留守番の猫が熱中症になりやすいのは、閉め切った室内で温度も湿度も高い状態の時です。

 

お水を飲めなくて脱水症状になり、熱中症になってしまうことがよくあります。


お水のお皿は、夏は特に大きめのお皿を用意してあげることで、脱水症状になる事を防ぐことも可能になります。

 

f:id:petnettyusyou:20150714171546j:plain

猫の熱中症!猫は暑さに弱い?それとも湿度に弱い?


猫は暑さには案外強いのですが、湿度にはめっきり弱いと言われています。

 

ムシムシと暑い日は、特に注意が必要です。

 

真夏日を記録する日や湿度が60%以上の日は、熱中症対策をして出掛けましょう。


特に、猛暑の日が多い地方にお住いの方などは、注意が必要になってきます。

 

窓を開けておいたりして風が通る状態にしておくのがベストですが、防犯上の理由で窓を開けておくのも難しい場合がありますよね。


また、窓を開けておいたとしても、びっくりするくらいの無風の日もあります。

 

留守番中の猫が熱中症にならない為に、閉め切られた部屋の場合はエアコンを使って温度調節をしましょう。

 

とはいえ、エアコンを嫌がる猫も多いので、設定温度は28度~29度くらいで大丈夫です。

 

冷房でなく、ドライにしておくのもいいですね。

 

猫の熱中症!猫が熱中症にかからないために出来る家の中の工夫とは?

 

家の中でも、猫がどこかに閉じ込められてしまわないように、暑さのこもりそうな所は猫が入りこめないような対策も必要です。

 


猫は自分で涼しい所を見つけるのが上手なので、自由に動き回れるようにしておくのもいいでしょう。

 f:id:petnettyusyou:20150714171514j:plain

 

お風呂場で涼んでいる猫をよく見かけると思いますが、誤って浴槽に落ちて溺れたりしないように、お風呂場の水は必ず抜いておいて下さいね。

 

留守番中の猫の熱中症を防ごうとして、思いがけない他の事故が起こってしまうなんて悲しいことにならないように気をつけましょう。

 

トイレも同様で、トイレが好きな猫ちゃんも多いようですが、トイレの水などは綺麗とは言い難い水です。


トイレのドアは、猫が入らないようにきちんと閉めておく。などと、最低限の事はしておくとよいでしょう。

 

猫ちゃんにとって、過ごしやすい環境が作れていますか?