ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

犬の熱中症!車内で犬が熱中症にかかってしまう場合とは

 

夏の行楽シーズンがやってきましたね。


夏休みに入り、旅行計画などを立ててるという方も多いのではないでしょうか?

f:id:petnettyusyou:20150803132731j:plain


もちろん、家族の一員である犬も連れて行くという方も多いはずです。


そんな時に、注意しなければならない事を何点か解説させていただきます。

 

 

犬を連れての夏場の外出!気を付けるべき事とは?

 

夏は犬を車に乗せて川や海など、水遊びに連れて行ってあげたくなりますよね。


犬も家族なので、一緒にどこかへ遊びに連れて行きたいというのは、犬をきちんと可愛がってる証拠でもあります。


でも、車内は熱中症になる危険性がとても高いことをご存知でしたか?

 

車に犬を乗せる場合、どこに乗せてあげていますか?

 

安全の為にもケージに入れて後部座席か助手席に、ケージを固定した状態で乗せてあげることが望ましいですが、後部座席は意外と冷房の風が届かず暑いことがあります。

 

夏場に犬を車に乗せる時に注意しなければならないこととは?

 


車に犬を乗せる場合は、ケージの中に凍らせたペットボトルを入れてあげたり、クールマットを敷いてあげましょう。

 

また直射日光が当たってしまわないように、後部座席に日除けのフィルムを貼ったりすることも大切です。

 

犬はお出かけすることの嬉しさで興奮している場合が多いので、体温が上昇してしまい熱中症になる可能性があります。

 

さらに危険なのは、駐車した車の車内に犬を残していくことです。

 

ちょっと買い物するだけだから、ほんの少しの時間だからと思っていると大変なことになってしまいます。

 

夏の車内に犬を置き去りにするのが絶対にNGな理由

 

日陰に駐車したとしても、車内の温度は短時間でどんどん上昇していきます。

 

夏場は50度や60度近くになることも多々あります。

 

そんな気温の車内に残されたら、犬は短時間で熱中症になってしまいます。

 

窓を少し開けておいたとしても、何の意味もありません。

 

f:id:petnettyusyou:20150803131503j:plain


冷房をつけたままの状態だったとしても、車の故障などでエンジンが止まってしまうことも考えられます。

 

また、夜だからといって安心はできません。

 


熱帯夜のような蒸し暑い夏の夜は、日差しがなくても閉め切った車内の気温は高くなります。

 

愛犬を熱中症にさせない為にも、犬を連れて行けない場所に行く場合は、熱中症対策を施した家で留守番させましょう。

 

どこにでも、一緒に愛犬を連れて行くという事が、愛犬を大事にする事ではありません。


愛犬の事を考えるのであれば、なおさら熱中症に気を使ってあげるべきでしょう。