ペットの熱中症対策

犬や猫、ペットも熱中症にかかるという事をご存じでしょうか?犬、猫の熱中症の症状、熱中症にかからないための対策方法、万が一ペットが熱中症にかかってしまった場合の対処法、そしてペットの熱中症対策グッズなどご紹介します。夏に向けてペットの熱中症対策、熱中症の予防から始めませんか?

【猫の熱中症の治療費】猫の熱中症の治療費はどれくらいかかるの?

 

あなたの猫が熱中症になってしまったら、治療費はどのくらいかかるのでしょうか?

f:id:petnettyusyou:20150715162852j:plain


動物病院によっても、行う治療によっても違ってくると思いますが、だいたい3万円前後と思っておくと良いでしょう。

 

 

 

猫の熱中症熱中症にかかってしまった場合の治療費とは?


動物病院は、人間と違い健康保険がないため、かなりの金額がかかることで知られています。


ちょっと、耳が痒いなどで動物病院に連れてったとしても、さほどお金はかかりませんが、熱中症となると、色々な検査も必要になってきます。


初診料(初めての場合のみ)、血液検査、点滴、入院費などを含めて約3万円が相場と言われています。


猫の命が助かるのなら、私には安い金額だと思いますが、皆さんはどう思われますか?

 

 

f:id:petnettyusyou:20150715162859j:plain

猫の熱中症にかからないためにするべき事とは?


動物病院の金額は、安いと感じる方や高いと感じる方、それぞれだと思いますが、同じ3万円を治療費にかけるなら、熱中症予防のために3万円使いたいと思いませんか?

 


猫のいる部屋のエアコンを24時間つけっぱなしにしていても、電気代は1万円もしないと思います。


広い部屋で、電気代が結構かかってしまったとしても、猫が熱中症で苦しい思いをしなくて済みます。

 

猫の快適な温度は28度~29度と言われているので、設定温度を高くしておけば、省エネ効果もあります。

 

猫にツライ思いをさせて治療費に3万円払うならば、猫に快適な思いをさせて3万円使う方が良いのではないでしょうか。

 

治療費を払って猫が元気になればいいのですが、熱中症は最悪の場合、命を落としてしまう危険性もあります。

 


取り返しのつかないことにならない為にも、日頃から熱中症の予防をしてあげて下さい。

 

f:id:petnettyusyou:20150715162907j:plain

動物病院の支払金額を安くするための工夫とは?

 

最近ではペットのための保険も充実してきました。

 

ペット保険に加入していれば熱中症の治療費だけでなく、大きな怪我や病気になった時にも安心して治療を受けさせられることができるようになります。

 


使わないにこしたことはありませんが、もしもの場合に備えて加入しておいてもいいかもしれませんね。

 

小さいうちから加入しておくと、金額も安くて済む場合がほとんどです。

 

特に最近は、ペット保険の競合も激しくなり、安い掛け金で入れる保険も充実しています。

 

あなたのおうちの猫ちゃんは、ペット保険に加入していますか?